"きものでモテモテ"海外旅行体験!イタリア編

きもので海外旅行。思う存分おしやれを楽しんで、とびきりの思い出話。    
楽しむための提案.

わたしは切り帯で付け帯にしてしまうのをおすすめします。めんどうだからとタンスのこやしにするより、思い切って、楽に着れるようにしたほうがいいと思うのです。飛行機の中では、化粧室で帯のお太鼓の部分だけとってしまえば、機内でも楽に過ごせます.


フィレンッチェのバールで。基本的には旅はひとり旅が好きです。旅先の友人たちと食事したりしますが、ひとりだと3つ星のレストランには入りにくいですが、、洋服だとかなわないけど、着物のほうがよりぐっと華やかになるし、逆にものすごく歓迎され、、一番いい席に案内されたり、丁寧にあっかってくれたりして気分もいいですし、着物だと誰に見られても少しも、ものおじすることがないのがいいですね。
b0090081_21532340.jpg


マダムに一緒に写真をとってくださいといわれ。ハイポーズ。
b0090081_21582245.jpg


移動中に、見知らぬ人と着物の話で花が咲くことも。移動は着慣れた紬が楽に過ごせます。ストーリーや歴史、生地などの説明したりします。。移動中はもちろん付け帯です。
b0090081_12293131.jpg


ベニスでは、ダニエルにいきました。わざわざシェフがあいさつのきてくださって、カンゲキ!!
]
b0090081_21415189.jpg
[#IE|.


トスカーナでは、ルッカやシエナのお料理教室にいったりして、ピーチやリボリータなど習い、友人のイタリア人のシェフと食事をしたとき、イアリア人特有のほめちぎりがずーと続きました。、

道を歩いていると、写真をとってくださいと、声かけられたり、美術館では、日本の良いものを知り尽くしたヨーロツパの人の目はごまかせません。どうせ、わからないいだからと思わないで,作無衣とかではなくて、普通の着物を着てくださいね。外国人のかたに囲まれたりして、ずいぶん注目され、私もすこしは日本の文化を紹介できたかなと思いましたね。
b0090081_2255543.jpg


ポンテベッキオの橋で、知り合いのアンティーク 商の店ににいたらウインドーの外を歩いている人も、のぞきこんでいくんです。ジロジロ見られるというのとは違って楽しかったです。、頼まれて、みんなで写真をハイポーズ。遠くの修学旅行生かな。
b0090081_2261140.jpg

by ycsb | 2006-08-11 21:25 | 地唄舞&着物&日本文化