医療ツーリズム

昨日の神戸新聞の掲載で昔の生徒さんや友人から電話やメールをいただきました。お顔を思い出しながら返信をしています。新聞はすごいですね。神戸新聞様、ありがとうございます。  このおいしい病人食レシピ提供事業は(健康メニューのコンサルタント事業、レシピだけなら本やネットでさがせますが、私は直接栄養士さんた調理師さんに盛り付けや指導をします)が革新的事業として兵庫県知事の認証を受け、神戸市、県民局や神戸商工会議所、神戸新聞の皆様に支えられてできたた結果です。今は感謝の気持ちでいっぱいです。昔50人の病院食を一人で作っていた経験があり、そのとき、きざみ食やペースト食を作っていたとき自分がこんな風になった時に食事しか楽しみがない病院で、季節感もない嚥下食はつらいなあと泣きそうになったことを思い出したことがきっかけです。そのときからもっと研鑽を積んでいつかおいしい料理が提供できるようになりたいなあと思いながら仕事をしてきました。。30代、40代とありがたいことに仕事がらみで、フランスやイギリスの5つ星のレストランやホテルで食べ歩きする経験ができ、東南アジアのレストラン、屋台、料理教室でもたくさんのことを学びました。
病院栄養士、料理研究家の経験やホテルオークラで学んだおもてなしの心で入院患者様が兵庫県の地産地消の美味しいお野菜で食べた後、ほっこりとあったかい気持ちになってくれるような幸せな気持ちになってくれるとうれしいです。個人的にはヘルシーツーリズムの企画を作り、台湾からの観光客を呼び込んでお役にたちたいです。医療ツーリズムの後押しになればと思います。
また、和食が世界の無形文化遺産に認定されたので、中東や東南アジアの病院に行き、和食のプレゼンテーションをして世界に向けて和食をアピールする活動も来月からはじめます。
これからはこの事業を成功させるためにも頑張りますので、皆様応援よろしくお願いします

b0090081_11191890.jpg


神戸の料理教室

by ycsb | 2013-12-22 11:16 | メディア一覧